Site search

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

第76回愛知県高等学校総合体育大会 女子サッカー競技 結果

4/29(祝)に岩倉総合高校グランドにて、上記の試合が行われました。
予選1回戦
VS 刈谷北高校
前半 4-0
後半 2-0
合計 6-0

 季節外れの大雨の中、上記の試合が実施されました。

 本校が出場する前試合が同点、延長戦、PK戦までもつれ、予定時刻よりも大幅にkick offが遅れました。選手たちは序盤、待ち時間と、大雨による寒さと闘うこととなりましたが、そんなことは微塵も感じないかのように、前半から元気いっぱいのプレーで果敢にゴールを攻めました。

 後半も、攻撃の手を緩めることはなく、前半のリードをさらに広げ、またディフェンス陣も0点に抑えることを目標に、闘志あふれるプレーでボールを支配しました。

 結果は、ハットトリックを決めるなど、選手たちの生き生きした全員プレーで、初戦を勝ち切ることが出来ました。まだまだ発展途上のチームではありますが、次の試合も全力で闘います!

 今後とも日福女子サッカー部への応援をどうぞ宜しくお願い致します。

高円宮JFA U‐18サッカーリーグ2022 愛知県1部リーグ 結果

4/23(土)本校グランドにて、愛知県1部リーグの試合が行われました。
愛知県1部リーグ
VS 中京大中京高校
前半 1-2
後半 0-3
合計 1-5

 気持ちの良い晴天の中、上記の試合が実施されました。

 立ち上がりから激しい攻防が続き、開始数分であわやゴールかと思うボールをディフェンスが大きくクリアするなど、早い展開のプレーが続きました。その後、先制点を決められましたが、すぐに取り戻し、前半は1点をリードされたまま折り返しました。

 後半もなかなかテンポがつかめず、自分たちのサッカーをすることが出来ませんでした。何とか立て直そうと選手たちは努力しましたが、最後までかみ合わず、上記のような結果となりました。

 多くの課題が残る試合となってしまいましたが、自分たちのやるべきことをもう一度きちんと再確認しながら、チーム一丸となって闘ってまいります。

今後とも日福サッカー部への応援をどうぞ宜しくお願い致します。

高円宮JFA U‐18サッカーリーグ2022 愛知県4部リーグ 結果

4/17(日)大同大大同高校にて、愛知県4部リーグの試合が行われました。
愛知県4部リーグ
VS 愛産大三河
前半 1-0
後半 0-1
合計 1-1

 小雨の降る、肌寒さを感じるグランドで、上記の試合が実施されました。

 選手たちは、コーチの指示をしっかり確認しながら、前半から前に前にボールを運び、ゴールを狙いました。前半15分には、相手の隙をついて先制点を奪取し、良い形で前半を折り返しました。

 後半も再三ゴールを狙うも、厳しい時間が続く中、30分頃に相手にゴールを奪われ、試合は振り出しに戻りました。その後も、選手たちは諦めることなく、攻め続けましたが、惜しくもゴールを決めきることが出来ず、上記のような結果となりました。

 ここからリーグは、6月の次節まで少し時間があります。今日の悔しさをバネに、次節での勝利に向けてしっかりトレーニングをしていきます!

 今後とも日福サッカー部への応援をどうぞ宜しくお願い致します。

高円宮JFA U‐18サッカーリーグ2022 知多地区リーグ 結果

4/16(土)阿久比高校にて、知多地区リーグの試合が行われました。
知多地区リーグ 
VS 阿久比高校 
前半 1-1
後半 2-0
合計 3-1

1部リーグkick offの30分前に、知多地区リーグが始まりました。

 前節の試合結果を受けて、今日の試合は最初から選手一人ひとりが気合充分で臨みました。そして、チームでやるべきことを確認しながら、気持ちを見せたプレーで試合を盛り上げました。

 前半は同点で折り返したものの、後半では追加点を奪取し、チームの雰囲気はさらに良くなっていきました。この調子でさらに個の力をつけると共に、次節からも全員サッカーで闘っていけるように努力してまいります。

 今後とも日福サッカー部への応援をどうぞ宜しくお願い致します。

高円宮JFA U‐18サッカーリーグ2022 愛知県1部リーグ 結果

4/16(土)本校グランドにて、愛知県1部リーグの試合が行われました。
愛知県1部リーグ
VS 岡崎城西高校
前半 0-0
後半 1-0
合計 1-0

 台風の影響が残る強風の本校グランドで、上記の試合が実施されました。

 前半からお互いにゴールを狙って激しい攻防を展開しましたが、ゴールの枠に嫌われるなど、得点に結びつけることが出来ませんでした。

 後半も攻め続け、お互いにあともう少しでゴールに結びつく惜しいプレーが続きました。しかし、後半33分、セットプレーから待望の先制点を奪取し、さらに試合に勢いがつきました。その後は速い展開のプレーが続きましたが、そのままアディショナルタイムを終え、1点を守り切りました。

 この勝利を自信にして、次節も全力で闘ってまいります!

今後とも日福サッカー部への応援をどうぞ宜しくお願い致します。

高円宮JFA U‐18サッカーリーグ2022 愛知県4部リーグ 結果

4/9(土)大同大大同高校にて、愛知県4部リーグの試合が行われました。
愛知県4部リーグ
VS 天白高校
前半 0-0
後半 0-1
合計 0-1

 1部リーグ、知多地区リーグが実施された後の、午後に4部リーグの試合が実施されました。

 前半の入りは緊張のせいか、全体的にプレーが固くなり守備の時間が増えてしまいました。なかなか攻撃に転じることが出来ないなかでも、何度かゴールのチャンスはありましたが、それを生かせずに前半を折り返しました。

 後半も再三ゴールを目指しましたが、終盤に一瞬の隙をつかれて失点してしまいました。結果は上記の通りとなりましたが、この試合で、攻撃と守備の切り替えや、試合に向かう集中力など、様々な課題が明確となり、収穫の多い試合となりました。

 まだまだ未熟なチームではありますが、選手たちの心は常に、3部リーグ昇格を目指して前向き動いています。今後とも日福サッカー部への応援をどうぞ宜しくお願い致します。

高円宮JFA U‐18サッカーリーグ2022 知多地区リーグ 結果

4/9(土)常滑高校にて、知多地区リーグの試合が行われました。
知多地区リーグ 2節
VS 半田東高校
前半 0-1
後半 1-2
合計 1-3

 1部リーグkick offの1時間30分後、知多地区リーグが実施されました。

本校にとっては、知多地区リーグの初戦でもあり、前半から気持ちの入ったプレーで果敢にゴールを狙い、お互い一歩も譲らぬ攻防戦となりました。

 後半も、自分たちのペースでゲームメイクすることは出来ていましたが、最後のゴールには結びつけることが出来ず、上記の結果となりました。まだまだ課題の多いチームではありますが、今日の教訓を生かし、チーム一丸となって闘ってまいります。今後とも日福サッカー部への応援をどうぞ宜しくお願い致します。

高円宮JFA U‐18サッカーリーグ2022 愛知県1部リーグ 結果

4/9(土)本校グランドにて、愛知県1部リーグの試合が行われました。
愛知県1部リーグ
VS 名経大高蔵高校
前半 0-1
後半 1-1
合計 1-2

 気持ちの良い晴天の本校グランドにて、上記のリーグ戦が実施されました。

前半はお互い譲らずの激しい攻防が展開されましたが、前半終盤40分頃に相手ゴールを許してしまいました。

 後半も最初からゴールを狙いましたが、なかなかチャンスを生かせず、逆に後半開始9分に、追加点を決められました。その後も再三攻め続け、アディショナルタイムに待望の1点を決めましたが、上記の結果となりました。

 この試合では多くの課題が見つかりましたが、また、選手たちの持つ未知の力も多く見つかりました。それらの力をさらに磨き、しっかりチームとして成長できるように努力してまいります。

 今後とも日福サッカー部への応援をどうぞ宜しくお願い致します。

SDGsみらい甲子園 東海大会出場!

国際協力部が提案したSDGsアクションプランが、2021年度 SDGs Quest みらい甲子園東海エリア大会の代表12校に選ばれました!アクションプランは「フェアトレード~貿易のしくみを変えよう!」です。

皆さんは洋菓子店でフェアトレードチョコレートを使用したお菓子を見たことはありますか。フェアトレード商品がもっと身近になればと考え、 フェアトレードチョコレートを使用したクッキーをつくっていただけないかと知多半島の洋菓子店に相談にいきました。

フェアトレードチョコレートは、洋菓子店で使用するチョコレートの3倍高いそうです。そのため、フェアトレードチョコレート使った商品を販売しようとすると、販売価格がとても高くなってしまうそうです。洋菓子店からのアドバイスは、洋菓子店で仕入れているチョコレートでチョコクッキーをつくり、寄付つき商品として販売し、その利益を信頼できる国際協力団体に送ってはどうかというものでした。

私たちは、洋菓子店のアドバイスでは、児童労働は減っていかないと感じました。たとえ利益があがらなくても、利益を考えずにできる高校生だからこそ、フェアトレードチョコクッキーを販売する意味があると考えました。しかし、1枚100円のチョコレートで、生産者に入るお金は2.8円である現実も学びました。輸送コスト、店、税金などで経費がかかり、売り上げのほとんどは、生産者に届かないことも学びました。私たちの善意だけでは、商売にならないのだという現実に直面してしまいました。

「フェアトレード~貿易のしくみを変えよう!~」をテーマに探究を深めていき、SDGsゴール番号12の「つくる責任つかう責任」のゴール達成に近づけるようアクションプランを具体化していくことが、今年度の部活動目標です。

                  

第65回入学式を挙行しました。

 

 快晴で、桜も満開の4月6日(水)、本校第65回目となる入学式をとりおこないました。式は、新入生の確認、学校長式辞、日本福祉大学学長祝辞、在校生代表のことば、新入生代表のことばというプログラムで進行しました。学校長式辞のなかでは、本校が大切にしている「誰かのために」という標語について、また「どの子も伸ばす」という本校の教育目標について話がされました。

 入学式終了後は、コロナ禍前は取り組んでいた「在校生発表」を変形した『在校生による新入生歓迎企画』がおこなわれました。部活動の紹介やクイズ形式による学校の紹介などがICT機器を駆使しておこなわれ、緊張でこわばっていた新入生の顔にもようやく笑みがこぼれました。