日本福祉大学災害ボランティアセンター : エコフェア2011半田会場でLet's Cookずんだ餅&交流会を開催しました

エコフェア2011半田会場でLet's Cookずんだ餅&交流会を開催しました

9月17日(土)から19日(月)の3連休は、半田市の名鉄「住吉町」駅近くにあるナゴヤハウジングセンターで「安心住まいと暮らしのエコフェア2011」が開催されました。ハウスメーカー各社がエコや安全をテーマに展示に力を入れる一方、会場内のイベントスペースではミニコンサートやヒーローキャラのショー、バザーにワークショップなどが開催されたり、半田消防署のレスキュー車も登場して大にぎわいの3日間でした。
そして、われらがボラセンも19日に会場の一角をお借りして「Let's Cook ずんだ餅&交流会」を開催してきましたよ!
 
イベント会場に訪れた方々にずんだ餅を作って食べてもらい、東北地方への思いを深めていただきたい。大震災から感じたこと、これからの地域の防災について考えていること、どんなことでもメッセージを残してもらい、目にした人たちで共有したい。そんな企画です。運営した学生スタッフは事前研修でずんだ餅や東北の文化について学んだり、人々のお話も伺いながら準備をしました。
結果は盛況で、午前と午後の2回に分けて行いましたが、午前の部だけでも5つのテーブルが埋まり、さらに待機する方々が数組という時間帯があって、用意した材料(塩茹でして砂糖で味付けしたずんだと餅)はすべて使い切ってしまいました。場所柄、ご家族での参加がほとんどで、小さなお子さんも親御さんに手伝ってもらいながら上手にずんだ餅を作り、ほとんどの子が美味しそうに食べていました。ずんだ餅が初めてで苦手そうだった子も、いつかきっと好きになると思いました。参加してくださった方にはスタッフ手作りのレシピシートも差し上げたtので、またお家で作ってくださいね!