皆さん、こんにちは。

本校では、毎年、1年時にパシフィックサプライ様に来て頂き、

実際にAACに使用する機器を体験する学習の場を設けております。

ところで、AACとは何のことでしょうか?

AACとは、Augmentative & Alternative Communicationの略で

日本語では、拡大代替コミュニケーションや補助代替コミュニケーションと訳されています。

個人が日常のコミュニケーション上の困難を解決するために使う、一連の道具や手段の事を意味しています。

その中でもハイテクAACと呼ばれる機器は毎年改良がされていくため、

最新の機器に触れる経験は、企業の協力がないとなかなか難しいのが現状です。

そんな中で毎年ご協力頂いているパシフィックサプライ様には本当に感謝でいっぱいです。

今年の様子です↓

タッチパネル系のAACが増えてきましたね。

皆様こんにちは。

次回のさくら発達研究会のお知らせです。

9月30日(土)15:00~
場所:中央福祉専門学校 6F 基礎実習室
1.東俣淳子(豊田市こども発達センター)
「演題未定」
2.國友晴洋(日本福祉大学中央福祉専門学校)
「短期間の介入でコミュニケーション能力の向上を認めた一例」
その他演題募集中です。
症例検討、学会発表の予演などご希望がございましたらお知らせください。

またお知り合いの方で参加ご希望の方がありましたらお誘いあわせの上

ご参加ください。本校卒業生でなくても大歓迎です。
参加費無料です。
次ページへ »