Browsing in 学校生活

皆さん、こんにちは。

11月29日(金)に言語聴覚士科1年次の科目「失語症Ⅰ」のゲスト講師として、

東京海上日動 東海・北陸業務支援部担当次長 兼 人事企画部人権啓発・

ダイバーシティー推進室参事の池田博之氏と

医療法人桂名会 木村病院の言語聴覚士 斉藤珠美先生をお招きし、

「笑顔の授業」と題した講義をしていただきました。

池田氏は、脳梗塞が原因で失語症となり、急性期から様々な経験を経て、復職を果たされ、

現在は、業務として、「笑顔の授業」を行っていらっしゃいます。

その道のりは、決して、順調なことばかりではありませんでしたが、時に、ユーモアを交え、

ご講演下さり、正に、教室全体が「笑顔の授業」となりました。

また、斉藤珠美先生よりSTの視点から池田氏の専門的な経過について、

わかりやすく講義していただきました。

言語聴覚士を目指す学生の中には、知識として失語症を理解していても、

実際に失語症の方に会ったことがない学生もいます。

また、当事者がどの様に失語症状を捉え、

どの様にリハビリに取り組んでいらっしゃるのか知ることができ、

とても貴重な経験になったと思います。

学生はいつもより!?目を輝かせ、講義時間がオーバーしても質問が途絶えることなく、

学びの多い講義になったのではないかと思います。

お二人に心より御礼申し上げます。

また、同行下さった奥様、東京海上日動の平野様ありがとうございました。

皆さんは今回の熱い気持ちを忘れず、勉学に励んで下さいね!

 

皆さん、こんにちは。

朝晩には涼しい風が吹き始め、いよいよ秋本番ですね。

 

本校では、毎年、1年時にパシフィックサプライ様に来て頂き、

実際にAACに使用する機器を体験する学習の場を設けています。

ところで、AACとは何のことでしょうか?

AACとは、Augmentative & Alternative Communicationの略で

日本語では、拡大代替コミュニケーションや補助代替コミュニケーションと訳されています。

個人が日常のコミュニケーション上の困難を解決するために使う、一連の道具や手段の事を意味しています。

その中でもハイテクAACと呼ばれる機器は毎年改良がされていくため、

最新の機器に触れる経験は、企業の協力がないとなかなか難しいのが現状です。

そんな中で毎年ご協力頂いているパシフィックサプライ様には本当に感謝でいっぱいです。

今年の様子です↓

次ページへ »