月別アーカイブ: 2017年2月

福祉の仕事職場体験バスツアーが行われました!

 2017年2月28日[火]、福祉の仕事職場体験バスツアーが開催されました。今回訪問した先は、地域で医療・福祉・保健・子育ての融合を目指し、地域包括ケアを実践されている和光会グループ。地域のことを知り、地域に必要なことを形にして、皆が生き生きと安心して暮らしていける地域社会づくりに取り組まれています。

 

午前中は医療、福祉それぞれの現場で働いている職員さんから、施設の状況や取り組みについてのお話を伺いました。地 域や社会全体の課題に合わせてお話いただけたことで、なぜ、地域包括ケアが必要なのかが理解できました。

  

昼食は実際に施設内で提供されている献立をいただき、午後からは施設見学。医療現場から、ケアハウス、特別養護老人ホームなど一連の流れを現場を見ながら説明いただけたことで、働いている方がどのように連携して地域の暮らしを支えているのかが体感的にわかりました。

   

見学後は、認知症の擬似体験と、防災・減災についての講義。そして、グループに別れて、職員の方を交えて座談会を行い、今日一日の学びを共有。盛りだくさんの内容を企画・準備・運営いただいた和光会グループの熱心な皆さまのおかげで、大変有意義な1日になったのではないでしょうか。

  

【参加者の感想】

◆多職種連携について具体的なイメージを持つことができ、今後、自分が働く上で活用していきたいと思った。

◆施設見学ができたので、その場の雰囲気を知ることができた。

◆高齢者が自宅に戻り地域で暮らしていくために、医療と福祉がどう連携していくのか学ぶことができた。

◆大学の講義で学んだ社会福祉学の内容を実際に見たり、体験できたことで充実した学びが得られた。

◆地域を知らなければこの仕事はできないことを知り、地域を学ぶ意味を理解することができた。

【Uターン先輩紹介】岐阜県総合医療センター中村さん取材

子どもたちとその家族を支えるために「つなげる」

岐阜県岐阜市出身の中村仁隆さん。社会福祉学部を2004年に卒業後、地元岐阜市で地域包括支援センターの立ち上げに関わられた後に、社会福祉協議会で地域づくりの現場を経験。現在は、地方独立行政法人岐阜県総合医療センター小児科の医療ソーシャルワーカーを経て、同法人が2016年3月に開設した「重症心身障がい児施設すこやか」で児童発達支援管理責任者として活躍されています。

━━職場ではどんな仕事をしていますか?

入退所されるお子さんとその家族が望まれる暮らしを実現するための仕事をしています。施設では、人工呼吸器が必要であったり、全く身体が動かせないなど、障がいが重いお子さんがいます。その子たちとその家族がいかに安心して生活できるか。そのために、相談しながら制度や地域の社会資源を活用して、経済面や生活面、住環境を整えています。

━━現在の仕事の役割はどんなことですか?

私の役目は、いかにお子さんとそのご家族を地域と「つなげる」か、だと思っています。院内で医師や看護師、介護福祉士との連携はもちろんですが、退所されるお子さんや家族が生活していくのはあくまで地域。そのため、地域で働く医師や看護師などの専門スタッフだけでなく、市役所の職員や保健師、時には救急隊や電力会社もまきこんで支援を考えていきます。関わる多くの方を「点」ではなく、「線」でつないでいくことで、情報共有が徹底でき、安心して地域で生活できていきます。

   

━━仕事におけるやりがいは何ですか?

子どもたちの成長を見ていけることは楽しいです。ただ、自分の関わりが、子どもたちのこれから長く続く人生に影響すると考えると、仕事は正直に言うとしんどいです。でも、周りを巻き込んでいくと、みんな子どものことだと熱くなります。本当に一生懸命なんです。小児支援の分野はまだまだ未開拓でこれからです。だからこそ、自分が思い描くことを形にしていけることはとても魅力的ですし、それを頑張っている方たちと一緒に創っていけることほど楽しいことはないと感じています。

━━地元の好きなところは?

家族や友人、自分を育ててくれた人、支えてくれた人たちがいることです。さらに、歴史や文化が深く面白い。最初は地元が嫌いだったんです。特に20代の初めは、近くに名古屋という都会があるし、地元から出ることしか頭にありませんでした。働き出してしばらくして、地元でまちづくりをしている人たちに出会い、こんな人たちが岐阜にいるんだなと。そこから、岐阜の歴史や文化について調べるようになり、知れば知るほど、岐阜が好きになっていました。今の職場は、岐阜の中でも私が生まれ育った地域にあります。これからはもっとこの地域に恩返しができたらと思っています。

   

━━地元就職を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

学生のうちに、いろんなことに挑戦して、いろんな職場を見て、一人でも多くの方と関わって、視野を広く持てるようになって欲しいです。私は、岐阜を出ることしか考えていなかった頃、全く地域の魅力が見えなくなっていたので。視野が狭かったですね。仕事は就職してから覚えられます。勉強も仕事をしてから必要を感じて学んでいくことの方が絶対に多いですし、自分が必要とするので勉強することも苦じゃないです。逆に、勉強ばかりして頭でっかちな人ほど、理想と現実のギャップにつまずいています。だからこそ、機会を見つけて、仕事の現場をたくさん見て出会って欲しいです。そして、専門職を目指して国家試験に挑戦される方は、必ず合格して下さい。合格して、初めて専門職として認められます。

〜インタビュアーの感想〜

目指している保育士の仕事の幅の広がりが知れたことは良かったですが、保育士以外の仕事について詳しく知れたことも大きかったです。仕事同士のつながりも知れて、自分が保育士として働く時に、どんな人とつながるのかがわかりました。地元を活性化させたい、地元を愛せる方に憧れます。

子ども発達学部子ども発達学科 伊藤つかさ

今まで進路について1つしか考えていませんでしたが、もっと活躍できる場所や職種があることが知れて、今後の選択肢が広がりました。また、初めてのことを創っていく仕事を面白いと感じた自分にも気づきました。わからないことだらけは大変だけど面白そうです。仕事についてもっとたくさん調べていこうと思います。

子ども発達学部子ども発達学科 高橋伶奈

【Uターン先輩紹介】株式会社ゼロワンカンパニー水野さん取材

お客様の仕事への想いやこだわりをデザインする

岐阜県恵那市出身の水野大介さん。半田キャンパス情報社会科学部で4年間学び2004年に卒業。愛知県で就職された後、縁あって地元恵那市で働くことになり13年目が経過されたとのことです。自分がやりたいと思った仕事を自身のものにするために、働きながら勉強と経験を積まれ、現在も新しい挑戦に向けて取り組まれていらっしゃる水野さんにお話を伺いました。

━━職場ではどんな仕事をしていますか?

最近はホームページなどウェブ上のデザインが多くなっていますが、紙面のデザインもあり、お客様の要望に合わせて何でも対応しています。お客様と打ち合わせをするところから、デザインを考え制作するまで、基本的には社内で全てを構築していきます。最初から最後まで、全ての工程に自分が関わることは大変ですが、お客様の要望を細かい部分まで表現できるため、自分には合っていると感じています。

━━お客様の要望はどのように引き出すのですか?

お客様がどんな想いを持って、どんなことを大切にして仕事をしているのかを必ず聴くようにしています。依頼されたものをただデザインして作るだけでは、お客様にとってなんの効果もないと思っています。それを作ることによってお客様がどうしたいのか、お客様が、お客様のお客様に何を伝えたいのかをはっきりさせることで、デザインがお客様のためになると思います。

   

━━仕事におけるやりがいは何ですか?

お客様から頂ける「ありがとう」はやりがいです。デザインの仕事は終わりがなく、良いものを目指そうとすると時間がどれだけあっても足りず大変なことが多いです。自分が作りたいものだけを作る訳ではないため、やるしかないと意地で乗り切らなければならないこともありますが、最終的にお客様にとってプラスになることができれば良かったと思います。でも、振り返って思い出されるのは、うまくいった仕事よりも、もっと出来たんじゃないかという仕事のことばかりです。

━━地元で働くことについてどう感じてますか?

楽しいです。こんなにも面白い人たちがいる地域だとは思っていませんでした。色々な方と話をしてきたことで、ものを見る視点が広がり、自分の仕事に対する姿勢が変わってきたように感じています。特に、この地域は都心部と違い、昔からこの土地で暮らす方が多く、その方達にどう伝えるかを考えてきたことで、相手に「伝わる」ということを自然に意識するようになりました。あとは、恵那山や周りの山々の景色を見ると気分転換になり、何よりホッとします。私にとって地元の景色はNo.1です。

━━地元就職を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

何かに取り組むとき、自分が「やりたい!」と思う気持ちを絶対に大切にしてほしいです。自分のやる気がなければ、何をやってもダメではないでしょうか。そして、やりたいという気持ちを持ったら、自分がやったことがないことでも、とにかく先ずはやってみることが結局近道です。また、自分の地元以外の地域も是非見ておくと良いと思います。外の世界を見ている人は、地元を見る視点が違い、新しい風をその地域に入れることができています。地域が活性化するためには必要なことなので、たくさん経験を積んで自分の地域に戻って還元してほしいと思います。

   

〜インタビュアーの感想〜

インタビューをさせていただいて、働きたいという想いがより強くなりました。私は、働いている人というのは、私よりもずっと大人で遠い存在だと感じていました。ですが、同じ岐阜出身で同じ大学に通っていた先輩とお話し、自身が働く姿を想像できるようになりました。デザインの仕事をするきっかけや、その仕事のやりがいを知り、自分がやりたい仕事はなんなのかを見つめ直すきっかけになりました。この4年生最後の1年間で多くの知識を身につけて、働くことに繋げたいと思います。

健康科学部福祉工学科 武内 暢子

岐阜福祉系企業見学会が行われました!

2017年2月9日[金]、岐阜県の福祉系企業見学会が開催されました。

今回訪問した企業は、介護用品のレンタルや病院でのリネン事業を展開する株式会社トーカイ様と電動車椅子や義足の開発を手がける株式会社今仙技術研究所様。

1社目の株式会社トーカイ様では、会社概要の説明を受けた後、クリーニングの現場を見学。徹底された衛生管理の現場からは、事業を通じて清潔と健康を実現しようとする企業理念そのものが感じられました。

現場見学後は、営業の現場で活躍されている先輩社員を交えての質疑応答。新卒入社後の実際の具体的な仕事内容や、働く上で必要となるスキル、お客様との関係の大切さなどたくさん語っていただき、営業の仕事のイメージができました。

   cocplus

2社目の株式会社今仙技術研究所様では、開発された商品に触れながら、企業の成り立ちや想い、今後の課題についてお伺いしました。

実際の商品を使用し体験することで、企業様のお客様に対する想いがより伝わってきました。社長の山田様からは、商品開発側から見た現在の福祉社会の課題も率直に提示いただき、福祉を学ぶ学生の皆さんにとって、真剣に考えるきっかけになりました。

    

見学後は、中部学院大学のキャンパスに移動し、本日の学びを共有する交流会を行いました。1日を通してインプットした各々のたくさんの学びを整理し、他の学生と共有することで、学びが深まったのではないでしょうか。

   

 

【お知らせ】COC+通信Vol.10発行

岐阜県で活躍する卒業生取材の様子と今後の予定を掲載!

毎月1回発行しているCOC+広報誌「COC+通信」の最新号Vol.10を発行しました。

Vol.10では、岐阜県で活躍する卒業生取材の様子を掲載!

今後のイベント情報や岐阜出身学生の記事もあります。
お時間があるときに、是非ご覧ください。

COC+VOl.10を読む

【Uターン先輩紹介】東濃信用金庫の水野さん取材

直接顔を合わせて話ができることから信頼関係がはじまる

岐阜県土岐市出身の水野里香さんは、社会福祉学部で4年間学び、2015年に東濃信用金庫に入社してもうすぐ3年目に入ろうとしています。就業時間の3分の1は、地域に出て、お客様の企業やご自宅を訪問している渉外を担当。卒業生として、美浜や東海キャンパスに学生の支援に来校し、現在も日本福祉大生のために協力いただいています。

━━地元で働こうと思ったのはどうしてですか?

働く環境が大切だと思ったからです。就職活動を始めたころは、都会のオフィスで働くことにあこがれて企業を探していました。でも、色々な企業を見て、色々な方と話をする中で、「私はずっと仕事を続けていきたい」「長く働くなら住み慣れた場所がいい」と、自分の働く軸が地元での就職だという事に気づきました。そんな時に企業展で出会ったのが現在の職場です。

━━職場ではどんな仕事をしていますか?

ほとんどが外回りです。私は個人のお客様が多いので、一軒一軒ご自宅を訪問して、商品の販売や様々な手続きのお手伝いをしています。お金に関する仕事なので、責任感とお客様との信頼関係は特に大切です。とにかく、顔を合わせて、直接お話しをしないことには何も始まらないので、特に初めて訪問するお客様は、玄関先まで顔を出していただけることが始まりです。最初に顔を合わせた時から、玄関の扉が閉まる最後の最後まで、笑顔は絶やさずに接するようにしています。お会いしている時は、お話を聴いていることが多いですね。商品や仕事と全く関係のない話で終わることもありますが、それも信頼してもらうには大切な時間だと思います。

━━仕事におけるやりがいは何ですか?

新しいお客様とお会いして繋がれることは嬉しいですが、自分がお客様に何か出来た時にやりがいを感じています。お客様の話を伺って、その方に合った商品を考えて提案して受け入れてもらえた時は、もっと頑張ろうという気持ちになります。現在の経済状況や世の中の流れをしっかりと理解してもらい、お客様が今の時代で安心して生活をしていけるようにお手伝いすることが私の役割だと思っています。

   

━━大学の学びはどんな風に今の仕事に活かされていますか?

相手の気持ちに気づける心を持てていること、相手の気持ちを気づかう心を持てていることは、大学での学びが大きいです。講義で学んだこともそうですが、それ以上に実習で障がいを持った方や高齢の方など色々な方と接してきたことが私は良かったと感じています。そのおかげで、お客様と接するときに、お客様の気持ちになって話すという事が自然にできている気がします。

━━地元就職を目指す後輩へのメッセージをお願いします。

岐阜県はゆったりしていて自然がありいいところです。地元のつながりや、地域に話ができる人がいる安心感は、社会に出てから大きいと感じています。また、時間を無駄にせず、大切にして行動してほしいです。色々なことを、最初から自分には合わないとか、やりたくないと決めてつけて何もしないのは楽しくないです。それではプライベートも充実しないですね。勉強だけではなく、その他の活動や遊びも、時間があるならやることをお勧めします。

   

 

〜インタビュアーの感想〜

社会で働く方と仕事について色々なお話することは初めてで貴重な体験でした。まだ1年生なので就職に対してはぼんやりしたイメージしかなかったですが、お話できたことで、地元で働くことの良さや、私も色んな人と会って、話をする仕事に興味が出てきました。

経済学部経済学科 美濃島 咲菜

 

【Uターン先輩紹介】郡上市社会福祉協議会の足立さん取材

地域のニーズをしっかりと聴き、形にしていきたい

岐阜県郡上市出身の足立駿介さんは、2013年に社会福祉学部を卒業後、郡上市社会福祉協議会に入職。障がい者支援の現場を3年経験後、2016年度から事務局で障がい者支援事業所の副統括を担われています。今回は、地元郡上市のために日々頑張っている足立さんに現場でお話を伺いました。

━━地元で働こうと思ったのはどうしてですか?

家族へ恩返しをしたかったからです。大学に4年間通わせてもらっていたので、今思えば、大学に入った頃から、働くなら地元だとなんとなくは考えていたんだと思います。長男でもあるので。そこで、地元での求人を探していた時に社会福祉協議会を見つけ応募しました。

━━地元で働くのはどうですか?

地元の人たちの温かさが過ごしやすいです。郡上の人たちは都会のようにせかせかしておらず、いい意味での「ゆるさ」が魅力ですね。誰とでも仲良くなるので、どこに行っても知り合いがいる感じです。下手なことはできないですね

 

━━実際にどんな仕事をしていますか?

郡上の社会福祉協議会では地域福祉と在宅福祉の大きく二つの柱があり、私は在宅福祉に関わっています。その中で私の担当は、市内にある事業所のよりよい運営です。障がい者の事業所で働く方から意見を聞いて、どうしたらその職場が、職員にとって働きやすく、そして利用者の方々にとって居心地の良い場所になるかを考える仕事です。勉強会の企画をしたり、地域の方との調整をしたり、時には、施設のボイラーを直しにいくこともあります。

━━大学の勉強で役立っていることは?

障がいに関わることでしょうか。正直に言うと、もっとしっかりと勉強をしておけばよかったと感じています。職場に入って、仕事を始めてから、勉強しておけばよかったことが見えてきた感じですね。なので、入って1年目は先輩に聞いたり、勉強会に出たりして、かなり頑張りました。社会福祉協議会で働くことを考えている学生がいたら、幅広い分野を勉強しておくことをぜひお勧めします。

━━今の仕事のやりがいは何ですか?

現場にいたころは、利用者さんと直接お会いしていたので、利用者さんと信頼関係ができたなと思えることはやりがいでした。今は、現場からは少し離れているのですが、現場に行った際に、利用者さんが楽しく過ごしている姿を見ると頑張ろうと感じます。今の仕事に異動したころは、自分の中で、自分の仕事と、利用者さんがつながらなかったのですが、やっと、自分がやっていることの意味が分かるようになり、自分の仕事が利用者さんの姿につながっていることが実感できるようになってきました。

━━今後の目標は?

地域のニーズをもっと聴きだして、自分が動くことで、いろんなところがうまく回る歯車的な存在になっていきたいです。それによって、地域がよくなっていく実感が持てるようになれば、もっとやりがいを感じられると思います。

 

 

〜インタビュアー感想〜

今回のインタビューを通して知ることの大切さを学びました。実際に働いている方のお話を聞くことにより、社会福祉協議会が行っている様々な取り組みについて知ることができました。また、そこで働く方がどのような役割で働いているのかを知ることができたのは私にとって大きかったです。仕事内容から地元で働くことの魅力がわかり、社会福祉協議会や地元で働くということの具体的なイメージを掴むことができました。知るからこそ、考え方も変わり、やってみたいと思うことが増えるため、今後も知るということを大切にしていきたいです。

社会福祉学部 岡田 優花

 

笑顔で丁寧にインタビューに答えていただく足立さんの姿は、足立さんの仕事への向き合い方そのもののように感じました。大学時代のお話や、地域の魅力、お仕事のことなど、お話は尽きず、時間がどれだけあっても足りないほど。お忙しいなか、お時間をいただきありがとうござました。

岐阜県で活躍する卒業生の取材は今後も続きます。みなさんお楽しみに。