岐阜出身学生の座談会開催!

学生が岐阜を語る

岐阜県の事業所を紹介するガイドブックの取材を行った岐阜出身学生4名が、岐阜県についてざっくばらんに語り合いました。先輩二人と後輩二人。座談会の様子は、ガイドブックにも掲載予定です。

——では、まず自己紹介をお願いします。

原  社会福祉学部4年の原奏恵です。中津川出身です。

野口 子ども発達学部4年の野口航暉です。関市と山県市の間の岐阜市出身です。

麓  麓由名です。社会福祉学部の3年で、瑞穂市出身です。

杉岡 社会福祉学部2年の杉岡真帆です。揖斐郡池田町から養老鉄道に乗って通っています。よろしくお願いします。

——地元の好きなところは?

麓  私は瑞穂市に住んでいますが、絆が強いところです。子どもの登校時間には、近所の人の見守り隊が多いし、年に3回は地域でバーベキューをしてます。障がい者の方やその親さん、高齢の方など、立場関係なく集まり色々と話すのが好きです。

杉岡 私は池田町に住んでいますが、山が近くにあるから自然が多く、池田温泉もあるのでよく行っています。養老鉄道で大学から帰るときに、山に近づいていくと安心します。

 

原  私は中津川。散歩していると地域の方がいつも声かけてくれます。「これ持ってきな」って野菜をくれて、これが美味しい。皆に見守られている感じですね。この温かい人たちが育ってきた地域が好きです。

野口 僕は岐阜市だけど、関市と山県市の間なのでかなり郊外の田舎です。周りが田んぼなので、カエルの声が聞こえると安心するし、近所の人が優しくて、見守られて暮らしているのは同じです。

——地元の嫌なところは?

麓  私全然出てこないです。先輩たちすぐに書きましたね(笑)

野口 本当は地元嫌いなのかな(苦笑)

原  では私から。車が無いと生活できないところです。市内の中心地まで行けばスーパーとか揃っていますが、離れると公共交通機関もない地域が多いです。今後、高齢の方が増えてくると、もっと深刻になると思います。

野口 こっちも同じです。最寄り駅まで車で30分。交通は不便なところが多かもしれないです。

麓  交通のはこちらも同じですが、私は、毎年畑から農作物が持っていかれることが嫌です。地域の見守りが増えて、つながりが強くなれば無くなると思うのですが。もっと地元を盛り上げていきたいですね。

杉岡 池田町はイノシシが畑を荒らして困ってます。それ以外は、私は嫌なところは今はないです。

——大学に入って岐阜の活動に関わって よかったことは?

原  私は「地域のために」と活動している方たちと関われたことです。地元中津川の児童福祉施設に取材に行った時、近くに、こんなにも一生懸命地域のために働いている人がいるんだなって思いました。他にも、高山のこだわり野菜マルシェで ご一緒した方や、サマースクールで出会った農家の方など、精力的に働いている人との出会いは私にとって大きかったですね。自分もこんな風に「想い」を持って働きたいって思えるようになりました。

 

麓  いろんな人と会ってきて、印象に残った言葉はありますか?

原  3年生になってすぐに、地元の施設で相談員をされている卒業生を訪問したのですが、その方に「自分から動いていくといい。自分からどんなことでも『やります!』と言って経験するといいよ。」と言われたこと。その後、自分から動くように、自分が変われた言葉でした。その人がベスト1です。

杉岡 他にはどんな出会いがありましたか?

原  高山のお野菜マルシェで、一緒に桃のかき氷を販売した方。自分の地元の魅力をどうやって伝えたら良いかを本当に一生懸命考えられていたのです。そのイベントを主催していたまちづくりスポットのみなさんも、素敵な方たちでしたよ。

麓  私も一番印象に残ってるのはお野菜マルシェです。2日間地元の女性とピクルスを作ったのですが、全く知らない方と一緒に何かをする経験が初めてで。しかも、終わってから、『あなたと一緒にできて本当によかった』と言ってもらえたことはすごく嬉しかったです。

野口 大人だけじゃなく、学生のつながりが増えたこともよかったです。大学内でもこうやって岐阜出身者のつながりができ、つながったことで生活が変わりました。

麓  確かに。私も他の学部や他のキャンパスの人とつながれました。この前も、実習で名古屋の街中に出たときに、高山のマルシェに一緒に行った別のキャンパスの先輩がたまたま通りかかって声かけてくれて。それだけで嬉しかったです。頼れる人、声かけてくれる人、助けてくれる人が増えたのはありがたいです。

 

野口 僕も「岐阜の活動良かったベスト3」を発表していいですか?

全員 笑。どうぞ!

野口 第3位は、高山の障がい者就労支援事業所「はたらくネット」でのインターンシップ。2泊3日だったけど内容が濃くて、職員さんたちと美味しいパフェを食べに行って話したことも勉強になりました。第2位は、東濃でのサマースクール。僕らのグループは最初全く息が合わなくて。でも、話し合いを重ねて最後は発表までやり遂げた経験は自信につながりました。そして第1位はワーキングホリデー飛騨高山。全国から集まった学生と一緒にシェアハウスで生活し、トマト農家で農業体験することは、普段は絶対にできない経験でした。

杉岡 次、私話します。私がこの大学に来たのは、高齢者福祉を勉強したかったからでした。小さい頃から祖母と関わることが多くて、その祖母に喜んでもらえることが嬉しかったから、高齢者分野を目指していて。でも、いぶき福祉会の見学会に参加したときに、重度障がいを持った方と初めて関わったのですが、この経験が大きかったです。職員の方がとても丁寧に関わっていらっしゃって、温かさをすごく感じたし、勉強になりました。そこから障がい福祉にも関心が広がり、夏の施設訪問では、地元の障がい者施設に行ってきました。

麓  そう言われると、私も経験を通じて変わったと思います。最初はまちづくりとか地域福祉には全く興味がなくて障がい分野を目指してました。でも、高山でまちづくりスポットの方を見て、まちづくりや地域福祉に興味が湧いてきました。その土地で暮らしている方が実際にどうやってまちづくりをしているかを間近で見られたことで、自分の地元にも関心が向き、今は社会福祉協議会が主催している瑞穂市地域ささえあい推進会議にも参加してます。

——社会に出たら、岐阜でどんな風に働いていきたい?

麓  お二人の先輩は、内定もあるし、完璧に語れますよね?

先輩 苦笑。

麓  私からいきます。私は変えたいから「チェンジ」です。前よりも岐阜県で働きたいと思ってきたので、もっと良く変えていきたいです。地元瑞穂市の人たちみんなが、瑞穂市で役割を持って暮らしていける地域にしたい。そのために、私は人と人をつなぐより、自分が一緒に居場所を作る人になりたい。そっちの方が自分に合ってるとだんだんわかってきた感じです。

 

野口 素直に地元に貢献したい。自分が これまで経験した、サークルやヘルパーのアルバイト、教育実習の経験や資格など、その全てが活かせる職場で来年から働けるので、頑張って自分の学びを活かしたいです。それに、まだ新しい施設なので、これから今いらっしゃる職員さんたちと、一緒に良い職場を作っていきます。

原  私は春から地元の社協で働きます。さっきも言ったけど、このCOC+の活動で、岐阜のそれぞれの地域で仕事や地域に対して強い想いを持っている方と出会ってきました。だから、自分もそうやって想いを持って働いていきたい。あとは、暮らしている人が暮らしやすい町にしたいです。そのためには、地域の人と一緒に、地域をどうしていきたいのかを考えます。そこで暮らしている色々な方の話を聞いて、それを一つでも実現できるように頑張ります。

杉岡 私は、今年の夏休みに地元の障がい者支援施設に現場体験に行きました。その時に、地元だからこそ通じ合えることがあるんだなって感じました。だから地元で働きたいし、何よりも、岐阜が大好きだから岐阜で働きたいです。あとは、正直言うと、まだ将来のことはわからないです。

野口 僕も2年生の時は、ふわっとしてたと言うか、今みたいには考えられていなかったです。

原  私も同じですよ。もっと言うと、選考受けながらもまだ迷っていました。

麓  私も社協を考え出したのがまだ最近で、まだよくわかってないからインターンシップに行こうと思っています。

原  いろいろな取り組みに参加して、たくさんの経験をすると、だんだんと自分がどうしたいのかがわかってくると思いますよ。

野口 確かにそうかもしれないですね。僕も、特別支援学校の教員目指していたのに、職場の取材や、インターンシップ、教育実習に行ってみて、自分が何をやっていきたいのか、やっていきたくないのかがわかってきたと思います。

原  だから、動けるうちに経験しておいたほうがいいですよ。

後輩 はい!頑張ります。

全員 ありがとうございました。