郡上企業見学会2019

郡上の観光産業を体感

2019年10月19日に、COC+参加大学共通プログラムの郡上市企業見学会が開催されました。今年で4回目となる郡上での企業見学会。昨年に続いて、郡上の観光産業を代表する2つの企業を訪問しました。

最初に伺った企業は、観光農園「ひるがの高原牧歌の里」を運営する、株式会社牧歌コーポレーションです。

農業公園をテーマとして1996年に創業。観賞用の花の栽培や、動物の飼育施設を中心に運営されている牧歌の里には、年間25万人の観光客が訪れています。

 

見学会は、会社の説明からスタート。牧歌コーポレーションの取り組みについて、近年の社会情勢や郡上市を状況に沿ってお話いただきました。

全体像を伺ったあとは、園内を自由散策。あいにくの雨でしたが、観光者目線と、企業目線の両方から見ていくことで、学生たちの視野が広がります。

続いての見学は、標高日本一のサービスエリア「ひるがの高原サービスエリア」を運営する株式会社スクラムです。

「笑顔で迎え、笑顔で帰す」を理念に、観光客へのサービスを提供するほか、雇用創出や事業連携をすることで、郡上市高鷲地域で生活する人々の生活を守る役割も担われています。

会社の説明では、今の大学生が今後社会に出ていくときに必要になることを交えてお話しいただいたことで、学生たちの今の学びと将来の就労が近づきました。

 

後半の質疑応答では、増加する外国人観光客への対応の取り組みや、通常の小売店との違いについて、また、集客や労働職確保の工夫について学生たちから質問がされました。

岐阜県の優良事業所を訪問する企業見学会。現場を自分で見て、直接話を伺い、企業を知ることで、より、働くイメージが描きやすくなります。参加した学生たちは、またひとつ、貴重な経験を得ることができました。

次回は11月9日に西濃地域で開催されます。