日本福祉大学災害ボランティアセンター

ふくしま子どもリフレッシュサマー体験ツアー2014

2012年夏からはじめた福島大学災害ボランティアセンターと本学災害ボラセンとが共同して取り組む「ふくしま子どもリフレッシュサマーキャンプ」は、今年で3回目となりました。2014年度は「サマー体験ツアー」として、8月20日(水)~22日(金)に、名古屋城、南知多で海水浴とバーベキュー、常滑散歩道・めんたいパーク、名古屋港水族館など、子どもたちの体験プログラムが実施されました。

20日の夕方に、例年の「レシーア南知多」で福祉大の災害ボラセンの学生がお出迎えし、山海の海岸にてビーチハイクを演出しました。21日は内海にて地引網、海水浴とスイカ割りを行いました。例年より子どもが10人少ないこともあったせいか、ややおとなしめの感じでした。

地引網スイカ割り

 

 

 

 

 

 

それでも、夜になって美浜町・小野浦バーベキュー場に到着後は、慣れてきたため、こどもたちは「おにごっこ」や「かくれんぼ」などで遊ぶようになりました。例年、せっかく地引網でとった魚をホテルで調理してもらっても、子どもたちは余り食べませんでした。そこで今年は、子どもたちにアルミホイールでバターと醤油を加えた魚の切り身を包ませ焼くと、とてもよく食べてくれました。鈴木典夫先生のねらいがみごとに「的中」しました。

 

10616064_656119817813086_8133070289874149532_n10540413_656119734479761_2134412599608612256_n

 

 

 

 

 

 

22日は常滑散歩道を歩き陶芸体験、そして名古屋港水族館見学で、名古屋港にて子どもたちと福祉大生はお別れでした。毎年のこととはいえ、船から叫びあう子どもたちと学生の姿には泣かされます。

 

おわかれさようなら

 

 

 

 

 

 

今年が3年目としてひとつの「区切り」を迎えますが、福島大学と日本福祉大学との協働・交流は今後も形を変えて継続されることでしょう。

南知多の地域の方々の暖かいご支援に改めて御礼を申し上げます。

(5月22日) 春の安全の日が開催されました

  522()、春の安全の日が開催されました。

安全の日は主に新入生を対象に開催され、防災・防犯の面に主眼を置いて美浜キャンパス周辺を歩きました。

フィールドワークから帰った後は炊き出しでポトフ、かんぱんを使ったピザ、同様にかんぱんを使ったティラミスが振る舞われました。

今回の炊き出しでは「賞味期限の迫ったかんぱんをいかにおいしく食べるか」ということに着目しました。

グループワークでは一年生が積極的にワークに取り組んでいて、それぞれが今回のフィールドワークで、気づきを得られたように感じられました。

また、奥田地区の区長さんや家主組合の方々が多数参加してくださり、私たちもたくさんのことを学ぶことができました。

今回の行事をきっかけに、防災・防犯についてしっかりと意識を高めることができたように思えます。(さいとう)

 

 

IMG_1807IMG_1806IMG_1805

 

 

(5月18日)知多地域同窓会主催市民公開講座にて発表しました

 

5月18日(日)、コミセン3階で行われた知多地域同窓会による一般公開講座で、私たちの活動紹介をさせていただきました。被災地で学んだことを伝える、「被災地を忘れないで」という思いを伝えるという目的で話をしました。萩の花プロジェクト・いわてGINGA-NETプロジェクト・ふくしま子どもリフレッシュキャンプ、そして地域の減災活動の紹介と共に、一人一人、活動で撮った思い出の写真についても話しました。当日は約30人の同窓生。一般市民の方が足を運んでくださいました。終わった後には、「もっと活動を知りたい」、「応援したい」と言ってくださる方もいました。

今回、お話しさせていただいて、知多地域にはボラセンの活動をする上で、強い味方になってくれる方が多くいると実感しました。講演会終了後には、昼食を囲みながら懇談をおこないました。これからは、OB・OGの方と共に、被災地で学んだことを活かし、災害に強い地域・大学を作っていきたいです。(みき)

 

 

IMG_1803CIMG0092CIMG0125

 

 

 

 

 

3.11忘れないキャンペーンを展開しました。

震災から3年を経て、私たち災害ボランティアセンターでは、これまでの活動を見つめ、想いをたどり、被災地の現状、人々の暮らしを、多くの皆さんと分かち合うために、「3.11を忘れない」というキャンペーンを展開してきました。3月11日には、美浜キャンパスと石巻の開成団地内で活動中の学生スタッフが、それぞれの場所で、これまでおこなってきた被災地支援活動を振り返り、これからの復興支援について共に考えました。卒業式と入学式の日には募金活動を実施し、在学生オリエンテーション期間の3月29日には、炊き出しとして振る舞いをおこないました。また、新入生オリエンテーションでは、新たに迎えた新1年生に対して、活動参加の呼びかけをおこない60名を超える新入生がボランティア登録をしました。キャンペーンの総まとめとして、4月24日に、「3年を振り返る~今、私たちが想うこと~」と題して、学内で報告会を開催しました。ボランティア登録をした1年生を交え、これまで被災地支援活動をおこなってきた学生スタッフが、印象に残る活動中の写真を紹介しながら、自分たちの言葉で想いと今後に向けたメッセージを語りました。災害ボランティアセンターは、本学教職員による寄付を中心にして、学生達が主体的に活動を展開しています。今後とも、ご支援の程、お願い致します。

 

IMG_1749

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(3月29日)キャンパスプラザで炊き出しを行いました。

 3.11を忘れないキャンペーンの一環として、災害ボランティアセンターの活動PRと災害時の意識を啓蒙していくことをねらいとして、在学生オリエンテーション2日目の3月29日にキャンパスプラザで炊き出しをおこないました。

今回の炊き出しメニューは具だくさんコンソメスープ。当日は、学生、教職員約95名に振る舞いをおこないました。思わぬ炊き出しに最初は、遠巻きに見ていた人たちも、段々と列に並び、「災害ボランティアセンターですか?野菜がいっぱいとれて、とても温まりました」などの声がありました。災害ボランティアセンターは、新年度に向け、また気持ちを新たに、被災地支援、減災活動を発信していきます!

IMG_1736

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわてGINGA-NETプロジェクト 春銀河2014

夏休みに続いて、2名の学生スタッフが3月19日(水)~3月24日(月)

にかけてプロジェクトに参加してきました。

 (3月19日)

今日は釜石と大槌の沿岸の視察に行きました。岩手の沿岸ではトラックや重機とたくさんすれ違いいたるところで工事をしていました。そして今日大槌町のきらり復興商店街へ行ってきました。そこではTSUTAYAやほっかほっか亭などのチェーン店も商店街の中に入っていて驚きました。もうひとつ驚いたことがその商店街には美容院が四つか五つくらいありなんでだろうな~??と思いました。

(3月20日)

城山公園に行き高いところから視察を行いました。昨日は平面からでしたが今日は高いところからの視察だったので広い視野で見ることができました。今日は商品開発の打ち合わせを三陸産業復興支援の活動をしている高橋辰昇さん、通称『たつさん』ときらり興商店街でランチをしながらしました。打ち合わせでは新しいものをつくるのではなく、地元に元々あるものをいかに工夫して売れるようにしよう!ということになりました。

(3月21日)

今日は活動が中止となったので拠点と拠点付近の雪かきを行いました。 4チームに別れて30分ローテーションで行いました。僕は雪かきをしたことがなく、どんな感じかな?と思いながら雪をかいていました。実際は10分くらいで腰が痛くなり雪かきをしているひとはとんでもないなーと思いました。今回僕たちは拠点を雪かきしていましたが、地域の方に雪かきをしましょうか~?と聞いたりして地域の方とお話をしたり顔見知りの関係をつくっておくことによってもしもの時につながるのかな、と思いました。お昼ご飯は買い出しに行くことができなかったので拠点にあったものを使ってカレーを作りました。みんなで和気あいあいとしながら食べることができました。

(3月22日)

昨日は、外にいくことができなかったので、今日の晴れ、活動できる今日一日を大切にして、頑張っていきます!!しかし、みんなで雪かきをしたり、炊き出しをしたり、緊急時にどのように対応すればよいのか、学びになりました!

(3月23日)

昨日は、午前は、大槌きらり福幸商店街に行き、観点をしぼり、生産者へのインタビューやどのような思いがあり、お店を出しているのか、商品にはどのような思いがあるのかなどをシフォンケーキのお店のお母さんから、たくさんの話しを聞きました。午後は、みんなで考えた商品のポップをつくるためにお土産などの商品をシープラザで買い、試食をしました(^O^)どれも美味しかったですが、まだたくさんの人たちに手がまわればよいのか、食べて感触や味や匂いなど五感で商品がどのような感じなのかを確かめてみました!夜には、話し合い、それぞれのポップをつくり、代表がプレゼンをするための流れやまとめをしました^ ^みんなのそれぞれの思いがあり、みんなのありのままに感じたことや考えたことなどを届けていき、想いをぶつけていきたいです!

みんなの想いをカタチにしていきたいです!1期の想いを引き継ぎ、届けていきたいです(^O^)/

(3月24日)

今日は前々から活動報告していた通りに商品開発のプレゼンをおこなってきました。  プレゼン内容はひとてまプラスして何かいいものを!という内容で発表してきました。見た目が良くて味もいいのになんで売れないの??と疑問を持ち、生産者の思いや美味しさなどをポップなどにかいて目につくようにしたり、パッケージをインパクトのあるものにしてひと目につくようにするなどのひとてまをみんなで考えました。復興商店街やお店に売っているものを売ることによってお店にお金が入ったりお店の人の元気がでるんじゃないかな~??とおもいながらこの活動をしています。しかし、今回の活動で僕たちは一旦岩手から離れてしまうのて直接していくことはできません。なので、岩手県内でできることと県外でできることを分けてこれからは動いていきたいなぁーと思っています。

まだまだこの5日間で感じたこと思ったことをまとめきれてないので帰ったらまた報告書をつくったりしてまとめていきたいと思います。

以上

photo1 photo2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(3.15)新たな門出へ

本日、3月15日は学位記授与式がおこなわれ、本センターの学生スタッフ4名が卒業を迎えました。震災からの3年間、支援活動を通して教室だけでは学べない様々なことを感じながら、それぞれが新たな門出を迎えました。また本日は、式が始まる前に、在学生スタッフが募金活動をおこない、3.11を忘れないキャンペーンを繰り広げました。

IMG_1708

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

萩の花プロジェクト 石巻開成団地3月11日の報告

今日、3月11日は東日本大震災が起きて3年になります。
そんな今日はあがらいんを1日解放し、お茶を飲みながら手作りのおもちを食べて皆でお話をしたり、昨日に引き続きアルバムを作ったり、学生は足湯をやらせて頂いたり、あがらいんでそれぞれの過ごし方をしました。

午前中はあがらいんにたくさんの人が来てくれました。午後は、追悼式が行われているところもあり、人は少なかったですが、それでも子どもから高齢者の方まであがらいんに来て下さいました。

あがらいんのある職員さんが「アルバム作りをしていたら震災があった14時46分を過ぎていて黙祷することを忘れていた。この日を忘れないことも大事だが、3.11を今日みたいに楽しく過ごすことができてよかった。」という言葉がとても印象的でした。自分の中で3.11をどのように過ごせばいいのか迷う部分もあり、凄く無力に感じることもありましたが、みんなが楽しいと思える時間の中に自分も参加できたことが私が今回の萩の花プロジェクトに参加した意味なのではないかと思います。
黙祷をして震災のことを忘れない3.11の過ごし方もあると思います。しかし、たくさんの人と楽しい時間を過ごすことで、少しでも辛い経験を忘れ、今日という日を過ごすことができた人がいるのならば、その人にとっては微力でも希望の第一歩なのではないかと思います。1日を通して様々な3.11の過ごし方があるのだと知りました。何よりもあがらいんでは、笑顔が溢れていました。
明日は朝から職員の方と少しの時間ですが、視察をして愛知に帰ります。3年経つ今、宮城県はどのような状況なのかを自分達の目に焼き付けたいと思います。(やまわき)

「3.11 集いの場」を開催しました。

東日本大震災から3年を迎えた今日3月11日、災害ボランティアセンターでは「3.11を忘れないキャンペーン」の1つとして、本センターを開放し、 「3.11 集いの場」を行いました。14時46分には、1分間の黙とうを捧げ、被災地の真の復興を願いつつ、これまでの本センターによる3年間歩みを参加者間で共有しました。これから2014年度に向け、情報発信を高めながら、さらなる活動を計画していきます。

(3/5~12)萩の花プロジェクト石巻開成団地~3.11を忘れない~展開中です。

本学災害ボランティアセンターでは、2011年5月のゴールデンウイークに宮城県での被災地支援活動を初めて行いました。それ以降、私たちは、宮城県でのボランティア活動を「萩の花プロジェクト」と名付け、継続的に活動実践を行いたいという思いを持続しながら、これまで石巻の開成団地におけるボランティア活動を実施してきました。震災から3年目を迎える今、開成団地では、3.11の前後1週間をメモリアルウィークとして、あがらいん主催で様々な企画を準備しています。その中で、本プロジェクト参加学生があがらいん主催で行われる3.11関連イベントに参画し、自らも11月クールから続けてきた子ども向けの企画(子ども達の「食」に焦点を当てた内容)を独自に展開しています。

3月12日にかけて、5名の学生が現地で活動しています。これまでの現地報告をまとめて以下にアップします。災害ボランティアセンター

(3月6日の報告)

今日の定食はひじきごはん、鯵の開き、タコの酢の物、味噌汁、りんご、いちごでした。
こんなに盛りだくさんのうえに、ご飯はお代わり自由という大サービスでした!
私はお茶出しと、500円を預かり引き換えにチケットを置くという仕事を任されました。
時間が経つにつれどんどんお客さんが来て少し手こずった場面もありましたが、無事任務は果たしました!おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさま方、市の職員など様々な方が来ていました。

改めてあがらいんは開成団地で繋がりを提供している場所であり、繋がりがたくさんある場所なのだなと思いました。

午後からはあがらいんの入所者さんと洗い物、洗濯物をしたりのんびりお茶を飲んで過ごしました。2日間過ごしてみて、なんとなくですが”繋がり”というキーワードが自分の中で大きくなってきました。明日は少しお休みをもらって、私から繋がってきます!
とっても楽しみです◎(みかりん)

(3月7日~8日の報告)

金曜日は朝からお休みをもらって”繋がり”を探しに出かけてきました。一緒に行ってくれたのはあがらいんで週2日お手伝いに来ているどんちゃんです。まずはじめに連れて行ってもった場所は牡鹿(おしか)半島にある”おらほの家”という場所でした。ここではキャンナスという団体(できる(can)ことをできる範囲でするナース(nurse))が牡鹿半島の住民のみなさんに向けて、仮設住宅の談話室や集会所を利用して、定期的に健康相談会を行っています。仮設住宅の集会所では男性が集まりにくいことや、集まる人が決まってしまう中で、おらほの家は昔ながらの一軒家を解放して、集まりやすい雰囲気を作り仮設だけではなく牡鹿半島に住んでいる住民さんも一緒に健康相談会が行われていました。私が行った時には正しい手の洗いた方についてやっていました。そのあとはカラオケをしたり、ストレッチをしたり、和やかな暖かい空気の中行われていました。集会所ではない空気感がありとってもほっこりできました。宿泊もできるそうです。看護師のくまちゃん、作業療法士ののつくんと知り合うことができ、またおいでと言ってもらえました。お昼は私が行きたかったはまぐり堂さんに行ってきました。とーーーーっても素敵な場所でカフェ好きな私は終始にたにたしていました。ここでも色々な情報を得ることができました。東北に100個のツリーハウスを作るというプロジェクトがあり、その1つめがはまぐり堂さんにできるそうです。見に行くとロープと板が吊るしてありました。完成がとても楽しみです◎

ご飯を食べ終わると、あがらいんの近くに戻り、リハビリ施設のりぷらすを見学に行きました。ここのリハビリ施設は他のリハビリ施設とは違い、とにかく筋トレです!70.80.90代のお年寄りが私でも辛くなるほどの筋トレをしていました。ここの代表の方にお話を聞くと今のお年寄りは若い時は今の私たちよりも運動をしていた。(車など今ほど便利なものが少なかった)その運動能力は私たちはよりもはるかに優れているもの。じゃあ筋トレもできるだろうということで40分×3コマをみっちりやっていました。

また、りぷらすでは少人数でリハビリをするため一人一人のことを丁寧に見ることができ、リハビリだけではなくたまに山に登ったり、芋掘りをしたりなど地域との関わりも大切にしていました。”ほんとにこういうことがしたくて、楽しいんだよねー”と代表の方は楽しそうにお話をしていました。ボランティアも募集しているそうです(^_^)3カ所の場所を周り、新たな繋がりができたと思います。そして、3つともとにかく皆さんがすごく楽しそうにしていました。そこにいた人も、運営をしている人も。笑顔の繋がりがたくさんできたなと思いました。

土曜日は午前中は一人で石巻駅まで自転車で行ってきました。ものすごい風雪の中子どもに負けないくらいチャリを全力で片道30分漕ぎました!笑

駅に自転車を置いて散策してきました。またもや行きたかった日和キッチンに行きました。小さい場所でしたが暖かい空気の中美味しい朝食をいただきました。朝早くからやっているお店が少ないからいいですねと店員さんとお話もしました◎次に行ったところは市(いち)というお店です。障害者の方がお菓子を作り、そのお菓子を販売、その方たちも店員さんとして働いているワゴンカフェです。”いち”という名前には初めの1歩の1、石巻のいちの意味が込められています。時間がなかったため、少しの時間しか居ることができなかったですがとても可愛い空間で今度はゆっくり行きたいなと思いました。

午後からは足湯をしました。ハンドマッサージとフェイシャルエステも一緒にやっていて、お年寄りを中心にみなさん癒されていました。足湯ではお話をしていると、一年前の足湯を覚えていてくださる方が何人かおり、気持ちいいよーと言っていただきました。去年と違ったことは震災当時の話だけではなく、これからのことをお話できるようになったことです。復興公営住宅や、これからどうしていくのか、自然に明るい未来のお話ができました。

すごくうれしかったです。
去年はお話をしていても、どう反応していいかわからず悩むこともありました。でも今は明るいお話が自然にできます。これも一つの復興、心の復興なのかなと思いました。(みかりん)

(3月9日の報告)

昨日は9時過ぎにあがらいんに到着し、私達が考えた食の企画の準備をする人と、プレパークのの手伝いをする人に分かれました。プレパークでは、駄菓子屋設営のお手伝いをしたあと、子どもたちと遊びました。15人くらいの子どもが来ていて、鬼ごっこをしたり駄菓子を買ったりしていました。朝ご飯を食べていない子どもや夕ご飯をコンビニで済ますようにと言っている子どもがいて、仮設での食の問題は、仮設での暮らしが日常となってしまった今でも続いていると感じました。食は生きることの基本なので、これは解決しなければならない深刻な問題だと思いました。あがらいんに帰ってきてからは、準備していた食の企画を開催しました。
今回の企画は、パスタを作りです。
パスタはバリエーション豊富で簡単に作れる(専用の容器を使って電子レンジでも作れる)ことを子どもたちに知ってもらう目的で企画しました。また、パスタで使用した材料を入れたミネストローネスープも作り、材料を他の料理に応用することも知ってもらえたら良いなと思い企画しました。それから、レシピも作り配布しました。

この企画には、プレパークで会った女の子2人が参加してくれました。予定では、ナポリタンを作るグループとキャベツと卵の和風パスタ+ツナコーンマヨパスタを作るグループに分けるつもりでしたが、2人だったので、好きなパスタを作ってもらうという風に予定を変更しました。家で手伝いをしているという子どもだったので楽しそうに作っていました。事前に私達の役割分担ができていたので、スムーズに行うことが出来ました。

午後からは、あがらいんでやっている企画のチラシを配るために団地を歩きました。その時に会った自転車に乗った男性が、「自分が今乗っている自転車は、震災時にがれきの山から拾ってきて譲ってもらった物」という話をしてくださいました。私達の心の中には、「なぜ今会ったばかりのボランティアに震災当時の体験を話してくださったのか」という疑問がわきました。男性がその時持っていた「自転車」という物がそうさせたのか、日本福祉大学として何度もボランティアに来ているから心を開いてくださったのか、答えは出ておりませんが、もし物が震災時のことを話せるきっかけになるのであれば、大切な物を持ち寄ってもらって、じっくりお話を聴くという企画も良いかなと思いました。

あがらいんに戻ってからは、お年寄りと子どもを対象にしたカラオケをしました。あがらいんの利用者さんを含め10人くらいの方が参加されていましたが、子どもの参加者はいませんでした。これは、どの企画にも共通しますが、子どもへのアプローチが足りなかったと思いました。先ほども書いたように、時が経ってしまったのでだんだん来なくなってしまったというのもありますが、子どもの目線にあったアプローチの仕方を見つけて実践することが私達の課題だと思いました。

私が昨日の振り返りで私が感じたことは、私のような震災で大きな被害も受けてないし、資格も得意なこともないのに、3.11という日を被災地の方と一緒に過ごして良いのかということです。でも、何か自分だからできること・学生だから出来ることを活動の中で探したら3.11に被災地で私が活動する意味も少しは見えてくるのかと思います。(みき)

(3月10日の報告)

〜本日の活動〜

ラジオ体操
職員さん直伝の健康体操
手洗いの方法
編み物教室、あむばむ(アルバム)作り

 昨日に比べるとスケジュールはゆったりしていたように思います。
健康体操に参加した方々とお茶を飲みながらゆっくりお話する機会がありました。
震災当日、津波を知らせる放送等が全然聞こえず、外で「逃げろー、逃げろー」という声で避難を始めたという人もいました。
避難訓練等で災害のために!と準備しているからといって大丈夫!という訳ではなく、それがうまく機能しなかったら意味がないのだと感じました。他には、家族みんな一緒がいいね〜と話している方がいて、家族みんなが生きている!ということも当たり前ではないのだなぁと改めて感じました。

みなさんそれぞれの場所で3.11を明日迎えるかと思います。3年前自分はどこで、誰と、何をしている時に地震が起きたのか、この3年間ボラも含めどのような活動、生活をしてきたのかなどを考え、振り返るというだけでも東日本大震災を忘れない!というものに繋がるでは…と私は思います。(りな)