日本福祉大学災害ボランティアセンター : 2012 : 6月 : 14

「なまず号」地震体験車への協力

6月14日、美浜町の渡辺病院の福祉施設(サンバーデン、ビラオレンジ)にて、地震体験車(「なまず号」)による地域防災教育が行われました。

美浜町防災安全課による説明後、施設職員のみなさんが次々に「なまず号」にて震度7規模の地震を模擬体験しました。車椅子による体験も行われました。

終了後、美浜町防災専門監のあいさつに続き、災害ボランティアセンターの学生から、東北での被災地支援活動の紹介が行われました。

次回は9月11日に布土小学校にて「なまず号」体験があり、本学ボラセンも協力する予定です。
なお、「なまず号」は愛知県内に3台(県庁・岡崎・豊橋)しかなく、各方面から希望が殺到しなかなか借りられないとのことです。