2018年COC+成果発表会開催!

2018年12月22日[土]、岐阜COC+事業推進コンソーシアム成果発表会が中部大学名古屋キャンパスで行われました。

今回で3回目となった成果発表会。岐阜COC+参加大学の学生が、これまでの活動から得た学びを、企業、法人の方や、他大学の教員、学生の前で発表します。

今年は本学から、社会福祉学部3年の小椋さんと、子ども発達学部3年の高平さんが発表しました。

最初の発表は、小椋さん。今年の参加大学共通プログラム「サマースクール郡上コース」の代表チームとして、郡上市での取り組みについて発表しました。初めて顔を合わせた他大学の学生とチームになって、郡上の水文化をテーマに地域の活性を考えたサマースクール。コースの代表だけあって、堂々とした発表内容でした。

 

次の発表は、本学独自の取り組みについて発表した高平さんです。今年の8月に5日間実施した社会福祉法人高山市社会福祉協議会でのインターンシップについて発表しました。児童館や児童発達支援センターでの活動や、職員さんとの交流から得た経験を、自身が大学で学んでいることと結びつけて、新たらしい学びにつながったと語りました。

 

高山から発表を聴きに駆けつけていただいた、高山市社会福祉協議会の小峠事務局長からも、二人の発表に対して温かいメッセージをいただきました。

当日の発表の様子は、こちらからご覧いただけます。

小椋さん|https://youtu.be/B8p3HNxIAa0

高平さん|https://youtu.be/nEYIlq55cXQ

日本福祉大学のCOC+の取り組みは、学生たちの学ぼうとする力、学んでいく力を大切にしています。今後も、様々な取り組みが予定されていますので、ぜひ、ご参加ください。