カテゴリー別アーカイブ: 結ぶ

岐阜の地域情報を掲載

事業所取材企画、岐阜羽島ボランティア協会訪問!

岐阜県の魅力ある事業所を紹介するガイドブック作成企画の取材。今回は、岐阜県羽島市にある社会福祉法人岐阜羽島ボランティア協会にうかがいました。岐阜羽島ボランティア協会は、昭和56年に羽島市で様々なボランティア活動を行っていた団体が集まり、羽島市ボランティア活動連絡協議会として発足。その後、特定非営利活動法人として組織化し、自主運営を開始され、平成26年に社会福祉法人に認可されています。

今回取材のインタビュワーを務めるのは、社会福祉学部3年の青木洸介さん、赤塚雄太さん、三田明日香さんです。

まずは、岐阜羽島ボランティア協会の川合宗次理事長のお話をかみなり村北館のカフェで伺いました。かみなり村は30年以上前、地域には当時、障がいがある子もない子も一緒に集まれる場所がありませんでした。ないのなら作ろうということで「おもちゃ図書館」を開かれたことから始まったとのことです。その後も、作業所がないのなら作ろう、住む場所がないのなら作ろう、病児保育がないのなら作ろうと、地域のニーズに応じて、新しい事業を立ち上げられています。

 

地域で活動する人たちが集まり、その活動に参加する当

事者やその家族が加わり、そして市や学校も連携して、支え合いながら地域を創られてきた経緯を語られる川合理事長のお話に、インタビューアーの3人も引きこまれます。

川合理事長からは、成功したお話だけではなく、上手くいかなかった失敗事例も語っていただけました。しかし、失敗してもそこで終わるのではなく、いい勉強だったと受け止めて、次どうしたらいいかをみんなで考えながら、進み続けていらっしゃる姿は、学生たちが今後社会に出て働いていくうえでも学びたい姿勢です。

一通り、法人についてのお話を伺った後は、かみなり村付近の他の施設を案内いただきました。最初に伺った生活介護をされているホロホロ西館は、岐阜県の木材100%で造られた建物。温かい雰囲気のなか、利用する方もそれぞれの活動をされています。

 

その後、障がい者支援の作業所や児童分野の放課後等デイサービス、子育て広場、病児病後保育施設、ファミリーサポートセンターなど、徒歩圏内に点在する各施設を順番に見学しました。

近くに様々な施設があることで、どんな社会資源が地域にあるかを知ってもらうこともでき、さらには、子どもたちや、障がいを抱えた方が、この地域で今後どのように生活していくのか、その将来像が描けるから安心して暮らせるという声も利用する方からは聞こえています。

 

ファミリーホームでは、日本福祉大学の卒業生で入社1年目の佐々木智美さんにインタビューを行いました。

――どんな仕事をされていますか?

ファミリーホームを利用している子どもたちと一緒に生活をする仕事です。今は、小学生から高校生と一緒にいます。受験生もいるので、一緒に宿題や勉強をしたり、テレビを見たり、掃除やご飯つくりもします。その中で子どもたちは、私にいろんな話をしてきます。家族の事や、将来の事、学校のことなど。その話を聞きながら、親御さんや学校との間に入ることもあります。親御さんとの関わりは、思っていた以上に多いですね。また、事務関係の手続きも任されています。行政関係の手続きや、子どもたちの奨学金の応募の手伝いも行っています。

――仕事はいかがですか?

楽しくやっています。このホームでは、私が子どもたちと一番年齢が近いので、自分の弟や妹と接しているような感覚です。最初は緊張していましたが、周りの職員さんが自然体で子どもたちと接している姿を見て、自分もそのままでいいんだって感じて、今は素の自分で働いていられます。また、職員さんは地域の方や障がいを抱える方のご家族の方が多いので、関わっているといろんなことを教えてもらえ、とても勉強になります。

――子どもたちとどうやって関係を作っていますか?

子どもたちは、人を良く見て、よくわかっています。私が新人で、立場が下だってこともわかるんですね。なので、無視されたり、暴言を吐かれることもあります。でも、「私はあなたたちを大切に想っているんだ」ということを、言葉で伝え続けています。暴言を吐かれても、自分が感情をぶつけてもらえる相手で居られるんだって受け止めて接していると、だんだんと距離も縮まっていきました。でも、まだわからないことは多いですね。

終始、笑顔で話していただいた佐々木さんからは、今、充実して働かれている様子が感じられました。

最後に、川合理事長にインタビューアーから質問をしました。

――様々な場を作られるときに心がけていらっしゃることは何ですか?

前面に「私は福祉の専門職だ」という方ではない人に働いてもらっていることでしょうか。この法人は、この地域で生活する人たちと、この地域や社会に必要なものを創ってきました。職員も、そのために自分たちで必要なことを勉強し、研修を企画し、開催もしています。「支援者とは、こうあるべきだ」という想いが強い方や、「他の法人ではこうしてきたから」というやり方を持ち込んでも上手くいかないのです。あくまでも目の前の方やその周囲の方が、安心していられる場所、働いて行ける場所を作っていきたいのです。

現在、「地域まるごと共生社会」をつくる事業を進めています。この事業を通じて、羽島市だけではなく、岐阜県内の各地域も、それぞれの地域を見直して、地域共生社会を考えていく流れができればと思っています。

お忙しいなか、熱心に温かく迎えていただいた岐阜羽島ボランティア協会の皆様、ありがとうございました。

事業所の取材は今後も続きます。関心がある方は、gifuinfo@ml.n-fukushi.ac.jp星野まで連絡をどうぞ。

Uターン就職説明会説明会

12月22日(金)、美浜キャンパスにて「Uターン就職ガイダンスが行われ、107名のUターン就職希望学生が参加しました。

第1部では、Uターン就活の進め方について、キャリア開発課のガイダンスが行われ、第2部にUターン就活を助ける本学機関として、COC+と地域ブロックセンター・サテライトの支援紹介の案内、そして第3部にUターン就職の決まった学生から活用事例の話がありました。

昼休みの短い時間のガイダンスでしたが、みんな熱心に各担当者の話に耳を傾けていました。Uターン就職のポイントは、情報収集行動力です。

あっという間に時間は過ぎていきます。明日へと先延ばしせず、まずは就職支援コーディネータに会いに来てください。

岐阜キャリア相談コーナーは、美浜キャンパスと東海キャンパスにあります。
私たちはみなさんのUターン就職を全力でサポートします!一人で悩まず、使える資源をどんどん利用して、悔いの残らない就職活動を送ってください!

皆さんのお越しをお待ちしています。

COC+事業推進コンソーシアム成果報告会開催!

平成29年12月16日[土]、岐阜大学でCOC+事業推進コンソーシアム成果発表会が行われました。

この成果発表会では、COC+参加大学の学生が、それぞれの取り組みから得た成果を、プログラムに関わっていただいた企業・法人の方や、他大学の教員、学生の前で発表します。

本学からは、社会福祉学部3年の原奏恵さんと、国際福祉開発学部3年の崔烔根さんが発表しました。

初の発表は、原さんです。原さんは、昨年の2年生面談をきっかけにCOC+の取り組みを知り、参加大学共通プログラムのサマースクールを皮切りに、卒業生冊子の取材、多職種連携現場体験交流会、県人会などなど、様々な取り組みに参加しています。今回の発表では、これらの活動を通じて、どんな学びや気づきがあり、自分がどう変化してきたのかを発表しました。

  

岐阜で活躍する方々との出会いの中から、様々な価値観に触れて、自分自身が大切にしいるものを認識できた原さん。大学での「ふくし」の学びも、どんな場所でも共通して活かしていけると語ったその表情からは、これまで経験したことへの自信が感じられました。

次の発表は崔さんです。崔さんは、名古屋学院大学主催「観光地域づくり人材育成プログラム」に参加。今年8月の一ヶ月間、高山のひだホテルプラザでインターンと高山の観光調査を行い、その学びを発表しました。外国人観光客に、高山に泊まる魅力をどう伝えていくか、留学生としての視点からの気づきや課題、それに対する提案を語りました。

  

今後、知多半島での活動にも力を入れたいという、大変熱のこもった発表に、会場からも大きな拍手が起こりました。

発表の様子は、こちらからご覧いただけます。

原さん|https://youtu.be/UqKe4xM8HhQ

崔さん|https://youtu.be/kCXHnKUkRgo

日本福祉大学のCOC+の取り組みは、学生たちの学ぼうとする力、学んでいく力を大切にしています。今後も、様々な取り組みが予定されていますので、ぜひ、ご参加くださいませ。

【おしらせ】COC+通信Vol.20発行!

学生の取り組みを紹介!

毎月1回発行しているCOC+広報誌「COC+通信」の最新号Vol.20を発行しました。

Vol.20では、社会福祉法人飛騨慈光会で行われた
ひだのふくし現場見学交流会や美浜キャンパス学園祭など
岐阜県で活動した学生の様子を紹介しています。

今後のイベント情報もありますので
お時間があるときに、是非ご覧ください。

COC+VOl.20を読む

岐阜県人会美浜キャンパス学園祭参加!

平成29年11月4日[土]、岐阜県人会が美浜キャンパスの学園祭に出店しました。

初出店となる今回のメニューは、岐阜県の中濃から飛騨地域の郷土料理けいちゃんを焼きそばにアレンジした「けいちゃん焼きそば」。

夏にメンバーで試食会を行なった際に人気があった塩味と味噌味の2種類で挑みました。

本日に至るまで、メンバー全員で顔を合わせる機会がなかなか取れず、3年生は直前まで実習があるなど、タイトなスケジュールの中、それぞれに役割を見つけて頑張って準備をしてきました。

     

その甲斐もあってか、本日は、少し風が強いものの、晴天で学園祭日和。

卒業生である、岐阜県総合医療センターの中村様も応援に駆けつけていただき、一緒にけいちゃん焼きそばを販売しました。

開始から人の流れが途切れることなく、順調に売り上げを伸ばして行きます。

お昼になるとさらに来場者は増え調理が追いつかず、急遽整理券を発行して対応するほどの人気。おかげさまで、当初予定していた計画よりも早くの完売でした。

    

売り終えた学生たちからは、次はこうしたらいいんじゃないかという声がたくさん聞かれ、来年が期待できそうです。

みなさん、本当にお疲れ様でした。

東海キャンパス学園祭出店!!

平成29年10月28日、東海キャンパス学園祭にて、飛騨高山のトマトと宿儺かぼちゃを販売しました。

「高山の野菜の魅力をもっと多くの人に知ってほしい」という想いから、今年の夏は、高山で地元の農家さんと一緒に「こだわり野菜マルシェ」で野菜を売りながらその野菜について学び約3カ月。

このブログでも進捗を発信していましたが、打ち合わせを何度か重ね、仕入れ量や販売価格も農家さんに相談しながら自分たちで決め、初めてのことに戸惑いや不安が多い中の本日を迎えました。

 

朝から雨が降り、天候の悪い中スタート。学園祭の人の流れもまばらで、ブースに訪れる方も少なく、なかなか売り上げが伸びません。

それでも、来ていただいた方に、丁寧に野菜の魅力を説明をする学生たちによって、だんだんと野菜が手に取られていきます。

特に宿儺かぼちゃは、見た目から驚かれる方も多く、さらに、焼きかぼちゃを一口食べて、その美味しさからたくさんの方に買っていただくことができました。

午後からは、雨の時間も増えたため、学生たちが野菜を持って学内を周りながら販売し、ほぼ完売!

 

大切に育てられた野菜と、その農家さんの想いを直接受け継ぎ販売する学生たちの想いが、多くの方の食卓に美味しい笑顔を届けられたと思います。

今回の企画を通じて、様ざまな経験ができたのではないでしょうか。   

卒業生インタビュー冊子完成!

岐阜県で活躍する卒業生を取材した冊子が出来上がりました!

岐阜県内14事業所16名の卒業生を学生と共に訪問して、インタビューしてきたこの企画。取材の様子は随時ブログでも公開していましたが、冊子になって読みやすくまとまりました。

先輩たちが、地域でどんな想いを持って、どんな環境で、どんな人たちと、どんな仕事をしているのか。この冊子を読んでいただくと、その姿が見えてきます。

岐阜県での就職を考えている方はもちろんですが、そうでない方にも仕事を知ってもらうにはわかりやすい内容にしあがっています。

冊子は、各キャンパスの岐阜資料コーナーに来週以降設置されますので、ぜひ手にしてみてください。

【協力いただいた卒業生のみなさま】

・社会福祉法人郡上市社会福祉協議会 足立駿介さん
・株式会社ゼロワンカンパニー 水野大介さん
・東濃信用金庫 水野里香さん
・地方独立行政法人岐阜県総合医療センター 中村仁隆さん
・社会福祉法人いぶき福祉会 森本結衣さん
・美濃加茂市 三輪京士さん
・株式会社美濃庄 鈴木涼太さん
・西美濃農業協同組合 井上翔太さん
・岐阜県希望が丘こども医療福祉センター 鷲見真祐加さん
・株式会社トーカイ 中森佳子さん
・岐阜県立大垣工業高等学校 有嶋翔さん
・社会福祉法人飛騨慈光会 益田山ゆり園 早瀬渓さん
・和光会グループ 三好裕美さん・松野麻衣さん
・社会福祉法人日本児童育成園 小酒井智子さん・加藤愛歌さん

東海キャンパス学園祭企画進捗「D.I.Y.編」

東海キャンパスの学園祭準備は、着々と進んでいます。

今日は、国際福祉開発学部の吉村ゼミと共同制作で、学園祭当日にブースで使用する机や椅子を作りました。

中学校の授業以来に、日曜大工をする人もおり、電動ドライバーを使うのも、最初は恐る恐る。でもすぐにコツを掴んで使いこなせるのは、さすが学生たちです。

 

学園祭で使用する備品の買い出しも終わり、あとは、販売する野菜を待つのみ。(でしょうか。)

当日が楽しみです。

【おしらせ】COC+通信Vol.17発行!

学生の活動が活発に行われています!

毎月1回発行しているCOC+広報誌「COC+通信」の最新号Vol.17を発行しました。

Vol.17では、岐阜県総合医療センターと共催で開催した
多職種連携体験会と、病院見学会の様子や
岐阜県で活動した学生の様子を紹介しています。

今後のイベント情報もありますので
お時間があるときに、是非ご覧ください。

COC+VOl.17を読む

美浜キャンパス学園祭準備!

美浜キャンパス岐阜県人会が学園祭出店に向けて準備を進めています。

7月に試食会を行った岐阜の名物「鶏ちゃん」を少しでも多くの方に知って味わってもらうために学生たちが、頑張って考えています。

少しづつ、県人会の仲間も増えてきており、当日の盛り上がりに期待したいですね。

 

岐阜県人会の「鶏ちゃん店」は、学園祭1日目、平成29年11月4日に出店いたします。

みなさん、美味しい鶏ちゃんを味わいにきてください!!