日本福祉大学災害ボランティアセンター : 2012 : 3月 : 17

プロジェクト結35期最終日

地域の底力

今回は五日間ではありますが、3名が感じ取ったこと、印象に残ったことを書かせていただきます。
長文ですがよろしくお願いします。
3月16日は活動最終日でした。初日から最終日まで「ちょこらい」にて活動させて頂き、人々のつながり、地域の底力を感じることができました。
お世話になった方々に挨拶をし、別れを惜しみながらも多くのものをこの活動期間で得ることができ、そして感動を頂きました。
ちょこらいは全ての人の心のよりどころです。こうした場所がもっと被災地に広まることを切に願います。(I)

私は、あがらいんで行っている昼食会に来て下さった方々にビラと一緒にひまわりを配りました。
皆さんとても喜ばれていました。
ひまわりの花を渡せた方から様々なお話を聞けました。「多くのボランティアさんのおかげで元気になった。ありがとう」と言われた時は、こちらも感謝の気持ちで一杯になりました。
5日間の活動は、自分にとって大きなプラスになったと思います。活動や作業に対する意識を高く持つ意義などボランティアを通して自分の在り方を見つめ直す機会になりました。(W)
ありがとうございました。